スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
第3話 ~その3
- 2010/06/07(Mon) -
喫茶店でひとりの男と会う
My Pictures095

ヘシングループとその系列会社の資料を受け取る。
長女テラの夫であるパク・ジユン検事に関する資料もあり、検察庁で一番昇進が早く、その祖父は軍事政権時代に国会議長まで勤めた。
My Pictures096

その夫には関わらないほうが・・・と調査員が進めるが、ゴヌクは笑みを浮かべる。
My Pictures098




見張りを付けられ自由に行動できないモネ。
大学を出るとハーモニカの音が・・・。
My Pictures099

ゴヌクがモネを待ち伏せしてタイミングよく吹いたハーモニカの音。
モネは見張りの目を盗んでゴヌクに駆け寄る。
My Pictures100

ゴヌクはプレゼントだと言ってハーモニカを渡す。
そして「俺は金持ちお嬢さんのおもちゃではない。1~2ケ月遊んですぐに捨てられるのはごめんだ。お前は堂々としているときが一番きれいだ。俺は大丈夫だから心配するな」と言葉をかける。
My Pictures101

それでも会えないことが不満のモネ。
モネからの電話にわざと出ずに、モネの想いをさらに大きくすることもゴヌクの手。
My Pictures102

モネの両肩を掴み安心させるように説得する。
「自分は金持ちのお嬢さんだからモネに近づいたわけではない。自分がモネを忘れればそれで終わることだから」とモネを刺激する言葉をかけ、そして足早に去って行く。
My Pictures103




深夜にバイクを走らせながら少年時代を回想する
My Pictures105

自分には3つの名前がある。
ひとつは両親が名づけてくれた名前チェ・テソン。
ふたつめはヘシングループに無理矢理付けられた名前ホン・テソン。
そしてもうひとつは仕方なく自分で選んだ名前シム・ゴヌク。
たまに自分でもどれが本当の自分なのかわからなくなることがある。
My Pictures104

My Pictures107




モネは監禁同様の日々。
婚約者サンムからデートの誘いで、日曜に公園に行く事をせがむ。
My Pictures108




日曜日。人であふれかえる公園。
ゴヌクがバイクの後ろに女優ヘスを乗せて撮影中。
My Pictures109

ゴヌクがそこで撮影をすることを知っていて、サンムとやってきたモネ。
My Pictures110

ゴヌクを見つけたモネは、車を降りてバイクの前に立ちはだかる。
My Pictures111

ヘルメットを脱いだゴヌク
My Pictures112

My Pictures113

My Pictures114

My Pictures115

My Pictures116

My Pictures117

サンムにモネと女優ヘスとどちらと付き合うんだ?と詰め寄る。
My Pictures118

My Pictures119

My Pictures120

My Pictures121

My Pictures122

My Pictures123

1発見舞ったゴヌクは、サンムに数枚の札を巻き「ソウル行きのバスは30分、待たなくちゃならないぞ」と言い捨てる。
My Pictures124

My Pictures125

ゴヌクとサンムが言い争いしている間に、車でその場を去るモネは大泣きしながら車を走らせる。
My Pictures126

すると後ろからゴヌクがバイクで追い抜き・・・。
My Pictures127

モネの前を蛇行して。
My Pictures128

大喜びのモネ。
しかし車を降りると・・・それはモネの幻・・・。
My Pictures129




モネは恋煩いで熱まで出す始末。
My Pictures130




熱を出し、食事もとろうとしないモネのためにゴヌクに話をしようと待ち合わせをするテラ。
My Pictures131

ホストのような姿でゴヌクは現れる。
My Pictures132

娘のソダムからの電話でフランダースの犬の名前を聞かれて戸惑っていると、すかさずゴヌクが「パトラッシュ」と教える。
My Pictures135

ゴヌクにモネをこれからどうする気かと文句を言うテラに対し、じっと見つめながら「本当の初恋をしたことがないだろう」と話始める。My Pictures134

財閥家の令嬢という立場上、親の決めた弁護士と婿に向かえたテラはその言葉に大きな衝撃を受ける。
My Pictures136

テラのことで話をつけに来たはずのテラは、ゴヌクの魔性にどうしても引かれてゆく。
My Pictures137

My Pictures138




ゴヌクの仕事場。
My Pictures140

回転椅子に座り、壁に貼られたテラの写真を見つめる。
My Pictures141

My Pictures142




依然として恋わずらい中のモネは、ジェインからの食事の誘いを受ける。
兄テソンと会うため同席しないか、という誘い。
その電話の中でジェインがゴヌクをテソンだと勘違いしていることに気づく。
My Pictures143





ジェインとモネがテソンを待つ。
My Pictures144

やがてテソンが到着し・・・。
My Pictures145

やってきたのはゴヌク。
My Pictures146

嬉しそうなジェイン
My Pictures147

ジェインの勘違いとはいえ、ゴヌクと会えたことで大喜びのモネ
My Pictures148

テソンであることを否定することなくゴヌクは・・・・。
My Pictures149

My Pictures151




スポンサーサイト
この記事のURL | 第3話 | ▲ top
第3話 ~その2
- 2010/06/07(Mon) -
子供達と別れて部屋に戻ると・・・。
My Pictures037

My Pictures038

部屋は見違えるほどきれいに片付いて。
My Pictures039

ジェインはすっかりゴヌクの部屋だと信じこみ、隅々まで掃除をした。
実は監督の部屋なのに・・・。
My Pictures040

ジェインに「シャツだけ洗えと言ったのに、こんなことをしてくれるのは俺が好きなのか?ホン・テソンだからか?」と聞く。
金目当てだろう?と言わんばかりに。
My Pictures041

ジェインは突然居直って、ゴヌクに迫る。
「そうよ、あんたがホン・テソンだからやってあげたのよ! ホン・テソンでなければ何をしてあげるのよ? あ~腰が痛くて仕方がないわ。これからはヌナが面倒を見てあげるから、ちゃんとした生活するのよ!」
My Pictures042

ゴヌクは驚いて「うん、ヌナ・・・でも人のパンツ、つかんでる・・・」
My Pictures043

「モネが私に良くしてくれるから、お兄さんにも私から何でもしてあげたいんです」と言うジェインに、「洗濯が終わったのだからすぐ帰れ」と言うゴヌク。
My Pictures044

ジェインは名残惜しそうに部屋を出る。
My Pictures045





バス停まで歩くジェインのあとを何気に着いてゆくゴヌク。
My Pictures047

My Pictures046

My Pictures048

ジェインも気になって何度も振り返る。
My Pictures049

バス停で二人で。
My Pictures050

ジェインはゴヌクに車は持ってないのか?と聞く。そして「モネとはかなり違う生活だから・・・」と。
My Pictures051

My Pictures052

My Pictures053

やがてバスにジェインが乗ると・・・。
My Pictures054

ゴヌクも隣に。
My Pictures056

ときおり外の風景を眺めながら、寂しそうな表情に。
ジェインが何しに行くのかと聞くと、ゴヌクは「仕事に行くんだ」。
そして自分の仕事がアートコンサルタントであることを話し、ゴヌクの仕事を聞く。
ゴヌクは「遊んでるよ」と。
My Pictures055

急にバスが揺れて。
My Pictures057

バスを降りて、ジェインが家まで歩いているとゴヌクもまだ一緒に。
My Pictures058

ヒールのかなり高いサンダルを履いてきたジェインは、またよろけてゴヌクに寄りかかる。
My Pictures059

My Pictures060

My Pictures062

ジェインの家のすぐ近くでゴヌクが引き返す。
My Pictures063

一度振り返ると、ジェインも振り返り・・・。
My Pictures064

ジェインが何度も振り返るのをゴヌクは見つめる。
My Pictures065

ジェインはゴヌクが家まで送ってきてくれたことになり、「仕事って私を家まで送ること?自分に気があるのか?」と気になる。
My Pictures066

My Pictures067




コンビニの前で、ビールを飲みながらだらしなく椅子によりかかるところに、ジェインの妹ウォニンが近づいてきて。
My Pictures068

父親に頼まれたと嘘をついて煙草を買ってほしいと頼まれるゴヌク。
しっかりと無視してビールを飲みながらコンビニから出てくる。
怒るウォニン。
My Pictures069

ウォニンはやがてバス停でじっとビルを眺めていた男だとわかる。
My Pictures070

モネからの電話がかかり、代わりに返事をするようにウォニンに頼む。
モネからの連絡にはいっさい応答せずに、モネをやきもきさせているゴヌク。
My Pictures071

携帯の画面には「太いロープ」と。
ウォニンが適当にあしらって電話を切ると「アリガトウ」と。
My Pictures072

ゴヌクは逃げてゆく。
My Pictures073




家に監禁状態のモネ。
My Pictures074

大学に行っても監視のガードマンが張り付いているが、隙を見てゴヌクのトレーニング場に行く。
そこで次の日曜に撮影があることを聞き出す。
My Pictures075

ホン家ではシン女史がホン会長に、オム常務に愛人がいることを話し、会長は婚約を取り止めにする。




ウォニンがいたずらしてジェインの携帯からゴヌクに「今日、暇なのよ」とメイルを打つ。
そのおかげでゴヌクとジェインが公園で散歩することに。
My Pictures076

ゴヌクはジェインに対しては、ホン・テソンの名前を語っているが真の姿で接っしている。
My Pictures077

My Pictures078

ジェインが写真を撮ってほしいとある家族に頼まれる。
My Pictures079

両親と子供の家族写真。
My Pictures080

その楽しそうな家族の光景を見て、自分の少年時代を回想する。
My Pictures081

貧乏だがやさしい両親と過ごした頃。
そして裕福なホン家。
My Pictures082

やがてジェインは亡くなった自分の父親のことを話す。
父親が生きている頃、両親と妹でバスに乗ってピクニックに行ったときの思い出。
My Pictures084

でも今は父はいないし、ピクニックなんて好きじゃないと。
今は家族が3人だけだから寂しい。
My Pictures085

ジェインに何か家族の温かさのようなものを感じるゴヌク。
My Pictures086

ジェインの肩に落ちた葉に手をゆっくり伸ばし・・・。
テラの胸元の髪の毛を拾ったときとはまったく違う手つきで。
My Pictures087

My Pictures088

「恋人同士で写真を撮らないか?」路上カメラマンに声をかけられ、手を引っ込める。
My Pictures089

少し恥ずかしそうなジェイン。
My Pictures090

ゴヌクは迷いもせず、ジェインの肩に手をかけてニッコリ。
My Pictures092

(続く)



この記事のURL | 第3話 | ▲ top
第3話 ~その1
- 2010/06/06(Sun) -
2010年6月3日(木) SBS 21:55~

モネのレッスン室。
テラはモネがゴヌクと付き合うことを猛反対し、ふたりの間は険悪となる。
モネは婚約者のオム常務に愛人がいて、それが女優のチェ・ヘジュであることをテラに話す。
My Pictures000

そういうテラは、ゴヌクに掴まれた手の感触が忘れられず・・・。
My Pictures001

My Pictures002




ゴヌクの部屋。
ジェインから自分をホン・テソンだと勘違いして渡された名刺を見ながら、ジェインの名前をつぶやく。
My Pictures003

My Pictures004




刑事達は女性転落死亡事故の調査を続けている。
目撃証言によると、死亡した女性はその直前に男に泣きつき「テソン」と叫んでいた。
その男・・・黒づくめのゴヌク・・・?

警察では転落したソニョンが直前に男ともめていた件で、刑事がテソンに電話をする。
ソニョンはその男に向かって「テソンが・・・」と言っていたが、テソンは「彼女は自分のことをテソンとは呼ばない。テソンさんと呼ぶ」ときっぱりと言う。
そして「これから日本に行き、二度と戻らないつもりだ。」と。
My Pictures005




ジェインに電話をするなりいきなり
ゴヌク「コーヒーのしみが取れないんだ、どうしてくれる?」
ジェイン「私がクリーニング代をお支払いします。」
ゴヌク「いや、ここに来て、洗濯してくれないか?」
My Pictures006

1人暮らしの男の部屋。
My Pictures007

焼酎のビン、食べ終わったカップ麺、脱ぎ捨てた服、スナック菓子の袋・・・
My Pictures009

実はそこはチャン監督の部屋。




ジェインがゴヌクの部屋を訪ねてくる。
My Pictures010

脱いだ服を蹴飛ばしながら・・・。
My Pictures011

思いっきりおしゃれをしてきたジェイン。
My Pictures012

コーヒーをこぼしてしまったシャツのクリーニング代を払う口実でやって来た。
My Pictures013

しかしゴヌクは「ここで洗え」とシャツを投げる。
My Pictures014

My Pictures015

My Pictures016

ジェインが「自宅に持ち帰ってまた来る」と言っても聞かない。
My Pictures017

My Pictures018

「洗濯室は?」とジェインに尋ねられ・・・。
My Pictures019

苦笑しながら「トイレで」と。
My Pictures020

そして強引に「頼んだぞ」と外に出て行ってしまう。
My Pictures021

ゴヌクはジェインが計画的にコーヒーをぶちまけたことを全て知っていた。
My Pictures022

ジェインは仕方なく洗濯板でゴシゴシとシャツを洗う。
「面倒だわ・・・でもいくら自分の息子と一緒にいたくないからって、こんなのってヒドイわ。お金持ちって本当に恐いわ」
My Pictures023




外でアイスを食べているとサッカーボールが飛んできて・・・。
My Pictures024

近所の子供達とサッカーをしてやさしい面を垣間見せるゴヌク。
My Pictures025

小学生の頃、ゴールキーパーをやっていたから、子供達が自分のゴールをやぶったらアイスをおごってやると約束。
My Pictures026

子供がひとりづつゴールをして、全て負け。
My Pictures027

My Pictures028




一方、シャツの洗濯が終わったジェインは、あまりの汚さに見かねて掃除を始める。
My Pictures029

トイレ掃除まで。
My Pictures030




子供達にアイスをおごって、一緒に食べる。
My Pictures032


子供達に本当にゴールキーパーだったの~?と笑われながら・・・。
My Pictures031

My Pictures033

携帯が鳴り、ゴヌクにぞっこんのモネから。
My Pictures034




モネはゴヌクに全く連絡が取れず、逢いたくてイライラの毎日。
テラからレッスン室に行く事も禁止される。
テラは「両親にゴヌクのことを言いつける」と言うと、モネは「ついでにオム常務に愛人がいることも話せばいいわ」と。
My Pictures036

テラはシン女史にオム常務のことと、女優のヒジェがオム常務の会社が自分のスポンサーだと吹聴していることを話す。
シン女史はモネとオム常務との結婚を中止できるように、オムとヒジェのことを調べることにする。


(続く)




先週、てっきりゴヌクの部屋だと思っていた007のアジトみたいな所は仕事場だったのね。
住んでいるのはすご~く人間っぽくて、1人暮らしの男の汚~い部屋でした
訪れるヨジャはいないのね・・・


リアルなところだと煙草の吸殻が山のようになっているんだろなあ・・・と思いますが、吸ってるシーンでさえストロー使うくらいだから、その点はキレイでしたけど

完璧なナップンナムジャにもフツーなところがあってヨカッタです
子供にもやさしいところがあるし  



あとで気づいたのですが・・・監督の部屋なんですね
このあとで監督が部屋に入るなりビックリして、米びつをひっくり返して銀行通帳を確認する場面があって。
ジェインを呼ぶためにわざわざ人の部屋を借りて・・・自分の部屋には秘密の部屋があるし人を呼べないわね[
emoji:v-344]
この記事のURL | 第3話 | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。