スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
第5話 ~その3
- 2010/06/16(Wed) -
大広間、テソンの貸切。
My Pictures131

芸者を招いて夕食。
My Pictures127

My Pictures128

芸者・・・というか、なぜかお婆さんたち・・・。
My Pictures129

My Pictures130

テソンを部屋まで付き添い、下がってよいと。
My Pictures133

その後、ひとりでおそばを食べるゴヌク。
My Pictures134




ガラスの仮面の工房をたずねて列車に。
駅で偶然出会う(本当は偶然ではないが)テソンとジェイン。
列車に乗る前にテソンが自分の名前を名乗る。
びっくりしたジェインが「ヘシングループを知ってる?」と聞くと「韓国人で知らない人はいない」と・・・。
My Pictures135

ゴヌクが買っておいたジェインの隣の指定席にご機嫌なテソン。
My Pictures137

My Pictures140

大荷物のゴヌク。
My Pictures139

すぐ近くに座り・・・。
My Pictures141

My Pictures142

My Pictures143

My Pictures144

My Pictures145

屋上から転落ししたソニョンを思い出し・・・。
My Pictures146

My Pictures148

My Pictures149




ゴヌクがテソンとジェインの近くに寄ると・・・。
My Pictures150

「ゴヌク~!!どうしてここにいるの?」とジェインはとても嬉しそうにはしゃぐ。
My Pictures151

ゴヌクが「出張で」と答えると、自分の真ん前に座るように言う。
My Pictures152

My Pictures153

ジェインが席を立つと、二人は話しはじめ・・・。
My Pictures154

テソン「どうして知ってるのか?知り合いか?」
My Pictures155

ゴヌク「(ジェインは)モネと親しい関係だから、何回か見たことがある」
My Pictures156

ゴヌクが紹介しようか?と言うと、テソンはお互い知らないフリでいようと。

ジェインはすっかりゴヌクと親しい様子で、しきりに話しかける。
My Pictures158

知らないふりをしながら、テソンは不満な様子。
My Pictures159

ジェインは外の美しい雪風景について、画家がどうして風景画を描きたくなるかわかるような気がすると。
My Pictures160

My Pictures161

My Pictures162

「雪は冬だとうんざりするものだ」と仲の良い2人にむかつき、話に割り込んでくるテソン。
My Pictures163

すかさずゴヌクが自己紹介しようと言い出す。
テソンが名乗るとゴヌクはジェインに「ホン・テソンだってさ!」と冷やかし、テソンに「金持ちですか?」と聞く。
テソンも「お金はたくさんある」と答える。
My Pictures164




到着地に付き、テソンはゴヌクと別れてガラスの仮面工房に向かう。
My Pictures165

リュウ先生への韓国焼酎のお土産を持って。
My Pictures166

残ったゴヌクはジェインに一緒に旅館まで行こうと誘う。
My Pictures167

「しかしなんであんた、こんなに荷物が多いの?」とジェイン。
My Pictures168

旅館に着いてフロントで「新婚旅行ですか?」と聞かれる。
My Pictures169




ジェインはリュウ先生の工房へ韓国焼酎のお土産を持って行くと、テソンに先を越されて先生の前で言い合いに。
My Pictures170




テソンの部屋に荷物を配置し、自分の小さな部屋に入ったゴヌク。
My Pictures171

ソウルでは罷養されたテソンの捜査が進み、小学校を転校しているところまでたどいついている。

モネからの電話。
「オッパ、ご飯食べた?」
My Pictures172

「パスタ、食べたの。オッパを一緒ならよかったのに。テソンオッパはそこで何をしているの?」
My Pictures173

ゴヌクオッパに本当に逢いたい。」
My Pictures174

「どうして私に電話くれないの? 私の声、聞いてるの?」
My Pictures175

My Pictures176


第5話 終了




ゴヌクの復讐と平行して、ソニョンの殺人容疑の捜査が行われていて・・・。
これがすごくすごく嫌なんです
実際には転落事故であって殺人事件ではないのに、半分くらい容疑者として浮かびあがってきていますよね。
今までが悲惨な人生だったのに、これでさらに容疑者になちゃうのかしら・・・無罪よ

これからワクワクすることも多いけど、重苦しく辛い展開にもなりそう・・・。

スポンサーサイト
この記事のURL | 第5話 | CM(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。