スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
第12話 ~その2
- 2010/08/26(Thu) -
ジェインの母が上京してきて、偶然であったテソンを交えてジェインの部屋で食事をする。
気さくな田舎の母は、テソンにキムチをとりわけしたり世話を焼く。
My Pictures050

ゴヌクはジェインに会いに来たが、ジェインはテソンを車まで送りに出てきたところ。
My Pictures053

ジェインにクァク班長から、ソニョンの事件は自殺と決定したという連絡を受ける。
My Pictures054

ジェイン「あなたのせいじゃなかった。あなたが苦しむとソニョンさんは静かに逝くことができないわ」
テソン「ソニョンのことがわかるのか?」
My Pictures056

2人のやりとりを聞いていたゴヌクが割り込む。
「黙れ、ソニョンの手紙を手にしてやってきた所がここなのか?お前のせいで彼女は死んだんだ」
とゴヌクはテソンを殴る。
My Pictures055

ジェインはゴヌクを止めて
「ゴヌク、あなたにそんな資格があるの?彼も苦しんでいるのよ。彼も傷ついているのよ」
My Pictures057

ジェイン「彼にあやまりなさい。何も知らないくせに」
ゴヌク「何も知らない?俺がどうしてこんなことをしているのか、わからないのか?」
My Pictures058

ジェイン「誰かを傷つけるためにしているのよ」
My Pictures059

ジェイン「ゴヌク、もう二度とテソンさんにこんなこと、しないで」
My Pictures060

テソンはその場を去り、ジェインもゴヌクを無視して家に戻る。
My Pictures061

ゴヌクはやりきれない気持ちで疾走する。
My Pictures062

My Pictures063




夜中にうなされるゴヌク
My Pictures064

子供の頃、誰かに首を絞められた夢を・・・。
My Pictures066

My Pictures067

My Pictures069



シン女史は秘書室長に、追い出した子供が死んだことを確認する。
そしてまだ生きているかもしれないと言うと、秘書室長は考えすぎだと答える。
シン女史はアメリカに行くテギュンを見送る。
My Pictures069a



会社の廊下でジェインがうとうとしながら座っていると、ゴヌクがいきなり隣にやってくる。
My Pictures070

ジェインのトマトジュースを取り上げて、全部飲んでしまう。
そしてジェインはソニョンのことで怒ったことをあやまり、テソンとゴヌクの間には何も関係のないことだったとクァク班長から聞いたと話す。
My Pictures071

ゴヌク「俺たちって何なんだ?」
My Pictures072

ジェイン「モネとは進んでるの?」
ゴヌク「お前はホン・テソンとはどうなんだ?」
My Pictures073

そこにゴヌクに呼び出しがかかり去ってゆく。
その後ろ姿を見ながらジェイン
「背が高いのね。それに比べて頭が小さいわ。肩幅も広くて、後ろ姿が何てカッコイイのかしら
My Pictures074



協力者と話すゴヌク。
協力者「ミリャンの墓についてはまだわかりません」
ゴヌク「誰かが年に1度か2度、そこに来ているんです。誰なのか調べてください。」
My Pictures076

協力者「ホン・テギュンのアメリカの件は上手く行かないはずです」
ゴヌク「あなたを信頼しています。テギュンが破滅して、モネが留学、残るはテラとテソン。テラが正当な後継者ですね」
My Pictures075



フェンシングのお稽古が終わったテラは、地下駐車場で待っていたゴヌクに話かけられる。
ゴヌク「食事はまだでしょう?」
テラ「どうしてここがわかったの?」
ゴヌク「俺が知らないことはないでしょう」
My Pictures077

そこにテラの夫がやってくる。
テラはモネの恋人だとゴヌクを紹介する。
My Pictures079

テラに電話がかかってきて、テラは驚いて倒れそうになったところを、ゴヌクはすばやく支える。
それを怪しいそうに夫は見つめる。
My Pictures079a

ホン家の長男テギュンが死んだという。
My Pictures082



大雨の中、テギュンの葬儀が執り行われ、ホン家の人々は号泣。
それには参列せずにゴヌクはその様子を協力者と一緒に眺める。
協力者「酒を飲んで運転して事故死でした。これは望んでいたことではないし、完全に予想外のことでした」
My Pictures083

協力者「私の兄弟が自殺したときには、テギュンを殺したいと思いました。でもそれはそのときだけで、死ぬのではなく法で裁かれることを願っていました。」
ゴヌク「私はホン家全員に死んでほしいと思った頃がありました。子供のころです。ですが今は彼らへの憎しみも殺したいという気持ちはありません。ただ落ちてゆくさまを見るために私はいるのです。」

ゴヌクは部屋に貼ってあるテギュンの写真を燃やしてゴミ箱に捨てる。
壁の写真のうち、ひとつが片付いた。
留守電には協力者からの伝言
「ホン・テギュンの株式はハンジョン文化センターに寄贈され、そこの筆頭株主はホン・テラです。
まもなくホン・テラは副社長に就任します。
My Pictures084



ホン家でホン会長はテソンに「これからは兄の代わりになんでもやらなくちゃならないんだぞ」と言う。
それを聞いて、シン女史は逆上する。
会長に向かって「アメリカに行かせなかったらテギュンは死ななかった。」、テソンには「日本から帰ってきてから悪いことばかり起こる。お前の悪巧みは全部わかっている」などどわめき散らす。

ゴヌクは庭に出て、沈んだ表情のテラを見つめる。
My Pictures085

テラはゴヌクに気づくと、何も言わずに別棟に入ってゆく。
My Pictures086

ゴヌクは別棟に入ると、テラが泣いていた。
My Pictures087

テラが出てゆこうとすると、ゴヌクはテラの手を取って「行くな、俺の前で泣けばいい」と言うと抱きしめた。
My Pictures088

My Pictures089

My Pictures090

My Pictures091

My Pictures092

My Pictures093

My Pictures094

My Pictures095

My Pictures096

そこに書類を届けに来たジェインが、別棟のドアが開いているのに気づいて入ろうと・・・。
My Pictures097

そしてゴヌクとテラを見てしまう。
My Pictures098

さらにモネもやってきて、2人とも見てしまう。
My Pictures099

My Pictures102

My Pictures101

My Pictures151

My Pictures152




ヤバイ展開になりました
ジェインはゴヌクをカッコイイと思い始めた矢先に、他の女(それもテラ)と・・・。
モネも他の女(それも姉)と・・・。
ゴヌクも好きな女に見られちゃいました。

そこでよくわからないのが、ゴヌクの本心。
復讐目的でテラに近づいていることは明白ですが、それでも少しは情が沸いているのでは?と思うのです。
それがどのくらいの情なのかなあ・・・と。

ゴヌクも男ですからね・・・復讐とか利用目的だとは言え、綺麗なおねえさんとの情事は嫌じゃない、というか嬉しいでしょうし


そしてゴヌクの協力者の男。
ちょっとキム・ボムくん風ですが、前にゴヌクが「知り合いがテギュンのために投資して、自殺に追い込まれた」と言っていたその自殺した人の兄弟なんですね。
だからゴヌク同様に、ホン家に恨みを抱いている人。
本当に悪い人達なんですね・・・ホン会長夫婦は。




スポンサーサイト
この記事のURL | 第12話 | CM(0) | ▲ top
<<更新 | メイン | 第12話 ~その1>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。